ブログ「次世代トッププレゼン」

ブログ一覧

失敗体験を語れる組織文化は、成長する組織文化

今、組織行動学者エドモンドソンが提唱した「心理的安全性」が注目されています。

エドモンドソンは「『心理的安全性』の高い組織は不正が起こりにくく、成長や進化をもたらす」と述べた上で、心理的安全性の高い組織を作るためのポイントとして、リーダーが「格好つけずに正直に話し、失敗を恐れないこと」を挙げています。

しかし失敗は恥ずかしいですし、隠したくなるものです。誰にとっても失敗を語るのは、気持ちの良いものではありません。そして失敗をネガティブに捉えると、間違いは報告されず、不正隠蔽が起こりやすくなります。

『失敗の科学』の著者、マシュー・サイドによれば、人は失敗について2つのタイプがいると言います。

・「固定型マインドセット」の人…失敗をネガティブに捉えてスルーします
・「成長型マインドセット」の人…失敗をポジティブに捉えて強い興味を示します

ある2人の心理学者が「フォーチュン1000」にランクインした7社の社員を対象に広範なアンケートを行い、各企業のマインドセットを調査したところ、大成功を収めた企業は「成長型マインドセット」の組織文化を持っていることが分かりました。

「固定型マインドセット」の企業は失敗を恐れ、ミスが報告されにくい一方、「成長型マインドセット」の企業では、誠実で協力的な組織文化が浸透していて、ミスに対する反応もはるかに前向きだったのです。

そして組織文化に最も大きな影響力があるのは、リーダーの本気の行動です。社員はリーダーの一挙手一投足をしっかり見ています。

そこで必要なことが、まずはリーダーが率先して派手な失敗談を語ること。これが失敗から学ぶ「成長型マインドセット」の企業文化へ徐々に変革するきっかけとなることです。

この際に大事なことは、失敗を認めること。認めるだけではなく失敗から学んだ経験を語ることです。

これから4月の新年度にかけて、皆さんの前でお話することも増えてくると思います。
つい自分の成功談を話したくなるものですが、多くの社員は、上司の自慢話には本音では飽き飽きしています。しかし失敗談は興味を持って聞くものです。

この機会に「失敗体験の棚卸し」をしてみるのもいいかもしれませんね。

 

商談で相手が真剣に話しを聞くために

伝え方が上手い人には1つの共通点があります。

それは「聴き手が期待していて、自分しか語れないこと」を話すこと。

どんなに話し方の技術を高めても、自分が話したいことだけを話していたり、他の誰でも語れる内容を話していれば、相手は聞き流してしまいます。しかしたとえ話し下手であっても、聴き手が期待する自分しか語れないことを話せば、聴き手は真剣に話を聞いてくれます。

そのためには、まず相手を知ること

「そんなこと言っても、相手がどんなことに関心があるのか分からない…」と思われるかもしれません。でもネットやSNSで検索してプロフィールを読み込めば、その人がどんな人で、何に興味がありそうか、おおよその見当がつきます。

またB2Bでは、相手の勤務先の企業サイトたメディア情報を読み込んでおくのも一つの方法です。

伝え方が上手な人は、まず会う前に相手に興味を持って調べています。
とくにカリスマ営業と言われるような人は、商談前に会う相手のことを徹底的に調べ尽くします。
その上で、相手が興味があり、かつ自分だけが伝えられることを話します。だから相手は真剣に話を聞き、結果としてビジネスが成功するのです。

ただこのような準備も、あくまでも「仮説」に過ぎません。
当日は相手の話をよく聞いた上で、予め考えた「仮説」を検証し、もし違ったら別に用意していた二の矢・三の矢の仮説を繰り出しながら話せば、さらに成功する可能性が高まります

話が伝わらないのは必ずしも話し方の技術の問題だけではなく、事前準備にも原因があるのです。

話し下手でも伝え方上手になる方法

「この男に任せた。そう決断したのです」

2020年、西武園ゆうえんちリニューアル記者会見取材に伺ったときのこと。
西武HD・後藤高志社長にそう言わしめたのは、当代きってのマーケター・森岡毅さんでした。

森岡さんはユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)復活の立役者として知られています。その後森岡さんに託された西武園ゆうえんちは、コロナ渦にもかかわらず、現在チケット売上はコロナ前の13倍。またもや大成功に導きました。

しかし森岡さんは会見で「自分一人で何とかなるものではない。周囲の皆さんに動いてもらわなくては成功は見えてこない」と語っていました。
なぜ、森岡さんのプロジェクトでは、人が動くのでしょうか?
マーケターとしての力量は絶大なものですが、それに加えて森岡さんはとても「伝え方上手」な人なのです。

「伝え方上手」とは、ただ話しが伝わる、というだけではありません。

伝えることで、人が動くことです。

森岡さんは決して素晴らしい話し方をする方ではありません。どちらかというと早口で、聞き取り難いことすらあります。
でも森岡さんが話すと、話を聞いた人は、動かずにはいられなくなるのです。

そんな森岡さんの伝え方は、 私たちも努力すれば真似ができるポイントがあります。
それは、相手が共感するWHY=大義名分から話し始めること。

世界的ベストセラー『WHYから始めよ!』の著者サイモン・シネックは、「『WHY→HOW→WHAT』の順番で語れば人は動く」と述べています。
人は、「なぜそれをしなければならないのか」という大義名分を聞くと、自分ごとに置き換えて考えるようになり心が動きます。

対照的にうまく伝わらない多くの人の場合、製品やプロジェクトの説明から入ってしまいます。だからスルーされてしまい、誰も動いてくれません。

西武HD・後藤社長との会見の冒頭、森岡さんはこのように語りました。

「日本のエンターテインメントはディズニーやUSJだけではいけない。消費者にとって彩り豊かな選択肢のある世の中こそが経済成長期を続ける。所沢の遊園地が持続可能なものになることは所沢周辺の地域にとっても素晴らしいことだし、それを見ている同業のビジネパーソンの方々に勇気を与える。この意義は大きい。難しい挑戦だが『何とかするんだ』と覚悟を決めた」

会見後のメディアでは、森岡さんのメッセージが多く取り上げられていました。
大義名分から語り、社会を動かしたのです。

大義名分といっても、大げさなものばかりでなくて構いません。身近なもので良いのです。

このメルマガを読まれる方は、新年でチームに語るお立場の人も多いと思います。
今度のあなたのプレゼン、大義名分から語ってみませんか。

経営トップのツッコミどころが高める「心理的安全性」

組織行動学者のエイミー・C・エドモンドソンが提唱している「心理的安全性」が注目されています。
心理的安全性とは「皆が何でも言えて、リスクがとれる。自分らしくいられる」組織風土のこと。
心理的安全性の高い組織では、不正が起きにくくなり、イノベーションが生まれやすくなります。

エドモンドソンは、心理的安全性の高い組織を作るためのポイントを以下のように言っています。

・リーダーが「自分が完璧でない」と認め、社員の話を謙虚に聞くこと
・格好つけずに正直に話すこと
・失敗を恐れないこと

そのために私がご提案していることがあります。リーダーがあえて「ツッコミどころ」を作って、自ら敷居を下げることが有効です。リーダーと言えども完璧ではありません。社員は「トップは自分と同じく一人の人間だ」と認識して、はじめて本音を話すようになるからです。

「リーダーがツッコミどころを作る? そんなの非常識だ」と思われるかもしれません。しかしそのような考え方が心理的安全性が低い組織を作っているのです。

低迷するソニーを復活させた元社長の平井一夫氏は、社員とのタウンホールミーティングを行い、「ルールはない。何を聞いてもよい」というルールを決め、皆が発言しやすくするために、奥様を同席させて茶々を入れさせるなど、あえてツッコミどころを作ったと著書『ソニー再生』に書いています。

数年前に取材した「よなよなエール」で有名なクラフトビールの会社、ヤッホーブルーイングの記者会見でも、まさにツッコミどころ満載でした。
当日、井手直行社長は、なんと全身新商品キャラクター姿で登場したのです。それを周囲の社員は楽しそうに笑って見ています。
また井手社長は、自身を「社長」ではなく「てんちょ」(店長)と呼ばせ、社員と和気藹々と話していました。社長と社員の間にある壁の低さを感じました。
社長の仮装も、呼び方も、役職の壁を一気に外す破壊力があります。
ヤッホーブルーイングは、2017年から5年連続「働きがいのある会社」ベストカンパニー選出され、コロナ禍でも働きがいを高めて、18年連続増収増益を実現しています。

日本は世界で最も序列を重視する文化だ、と言われています。
組織の下層にいる社員の方から壁を崩すことは、困難を極めます。
心理的安全性の高い組織文化を作れるのは、経営トップしかいません。
まずトップから壁を崩し始めることが必要なのです。

オンラインコミュニケーションの壁を乗り越える方法

ウィズコロナのおかげで、オンラインでの話し合いが可能になり、以前よりも気軽に人と会って話せるようになりました。

最近も、初対面同士のオンライン会議に同席していました。すると、会議のキーマンである方のお顔が逆光で真っ暗。
まったく表情が読み取れないのです。議論が活性化しないもどかしさを感じました。

リアルであれば、逆光で表情が分かり難くても空気感が伝わるので、ある程度は察することができます。
しかしオンラインは、カメラやマイクを通しているため、リアルのように空気感を共有しながら相手を察してコミュニケーションしにくいデメリットがあるのです。
そのため、どんなに話し上手でも、伝わり難く残念な結果になってしまいがちです。

人は無意識に「最初の15秒」で相手を判断しています。
第一印象で「顔が暗い」、「顔が分断されている」、「声が聞き取り難い」などの要素は相手にストレスをかけてしまいます。

主な原因は、テクニカル投資不足。
投資と言っても多額の投資は必要ありません。
オンライン専用のカメラやマイク、照明に投資するだけで大きく差が付くのです。

オンラインコミュニケーションには、「テクニカルの壁」があります。
「テクニカルの壁」は、必要な投資を行い、対策を打てば誰でも乗り越えられるものです。話し上手かどうかは関係ありません。

リアルとオンラインの二刀流時代にビジネスを成功させるには、オンラインのテクニカル強化が必要不可欠なのです。