ブログ「次世代トッププレゼン」

ブログ一覧

トッププレゼンこそ、失敗を語れ

 

 

先週は、日本経済新聞主催の世界経営者会議に参加してまいりました。世界の名だたるトップのプレゼンを見ることが出来、また、世界の動向を肌で感じることができる貴重な経験となりました。

二日間、十数名のトップすべてのプレゼンを聞きました。
しかし、聴衆が集中して話しに耳を傾け、共感し、感動するような素晴らしいプレゼンには、ある一つの共通点があったのです。

それは、人から学ばなくては出来ないような難しいプレゼンのテクニックではありません。どんな人でも必ず出来ることです。

その共通点について、今回特に素晴らしかった、3名のプレゼンから学んでみることにしましょう。

 

女性トップで、ザ・モール・グループ会長、スパラック・アムプットさんは、薬剤師から小売りの知識がないままショッピングモールを立ち上げた、タイを代表するデパート経営者です

アムプットさんは、1981年に最初のショッピングモールを作りましたが、店が小さすぎ、品物も少なく、駐車場もなく、たった2年で閉鎖してしまいました。アムプットさんはこのとき、大失敗を受け入れ、諦めずに戦うことを決めます。そして、人々のニーズの基礎である「ハッピーになりたい」「家族・友人と良い時間を過ごしたい」「いつでも買い物ができる」という『勝利の方程式』にのっとった施設が必要と考えました。取引先に「どうか、私に2回目のチャンスをください」と言って、再びデパートを立ち上げ大成功したのです。

女性らしい上品さ、気高さ、自然ににじみ出てくる深い謙虚さが深い余韻を残し、話し終わった後、とりわけ大きな拍手に包まれていたのが印象的でした。

 

そしてもう一人、今注目のウエスタンデジタルCEO、スティーブ・ミリガンさんが、長い沈黙を破って登壇しました。

ミリガンさんは、2007年の結婚記念日にウエスタンデジタルのトップから突然、解雇を言い渡されました。それは、トップが自分の部下を最高責任者に引きあげるためです。奥様に、「結婚記念日なのに、こんな報告をしなくちゃならなくて…」と電話したときのエピソードを、コワモテのままユーモアを持って話す様子は、事前の印象とはまったく違った人柄が伝わってきました。

その後、家族のために職を探していたところ日立製作所の中西宏明会長から誘いを受けて、米HDD子会社へ再就職することができました。経営再建を果たした後、日立は子会社をウエスタンデジタルへ売却。ミリガンさんは、社長としてウエスタンデジタルに返り咲くことが出来たのです。

ミリガンさんは言います。

「私は子供の頃に父から、『夜、頭に枕をつけたとき、正しいことをしたと思えるようなことをしなさい』と教えられた。自分や家族、社員、そして世界にとって正しいかというフィルターをかけて意志決定する」

ミリガンさんの挫折体験を知ったからこそ、言葉が重量感を持ち、聞いていて胸が熱くなった瞬間でした。

 

3人目は、川淵三郎チェアマンです。

かつて日本のサッカーは、ワールドカップよりレベルが低いオリンピック予選を通らないほど実力がなく、挫折や困難の連続だったと言います。そこで川淵さんは「もうこうなったらコペルニクス的転回でプロ化するしかない」と声を挙げ、周囲の反対を乗り越えてJリーグを立ち上げたのです。

さらに川淵さんは、鹿島アントラーズ誕生のストーリーを話しました。アントラーズは「99.999%不可能」と川淵さんが言うところを「0.111%の可能性」にかけて、人口たった4万5千人の町に1万5千人入るスタジアムを建ててJリーグに参入し、日本を代表するサッカーチームとなったのです。

「上品な言葉で話すと自分らしさが出ないので、自分らしく話させてもらう」と冒頭に言い放ち、”川淵節”炸裂のプレゼンで、パッションが会場に熱伝導した素晴らしいプレゼンでした。

 

3人に共通する大事なポイントは一つです。

自らの「失敗」「挫折」というマイナスの部分を、格好つけず、大いに語ること。失敗から学んだことを伝えることです

多くの人は、失敗を語ることは「自分の評価を下げる」と考え、また、「恥をかきたくない」というプライドから、過去の成功体験、「ベストプラクティス」ばかりを語りたがります。

一日目のトリでユニクロの柳井さんが登壇しました。柳井さんのプレゼンも「口ベタなんで…」と言いながら、「自分の言葉」で、「自分の体験」からのみ語る説得力は、群を抜いて素晴らしいものでした。

その柳井さんは、

「ボクはたくさん失敗している。失敗しても諦めずに挑戦する」

と繰り返し語っていました。

失敗から得た学びを語ることで、聴き手は共感し、感動し、良き方向に行動を変えます。

これがプレゼンの神髄なのです。

今、世界は”失敗してもどんどん挑戦する”という流れになっています。不確実で、変化のスピードはますます加速度化するこの世界において、将来の方向性を決めることはとても難しいこと。スピード感を持って挑戦し、成功していくには「失敗」はつきものだということです。

失敗を恐れず、前に進む勇気をいただいた世界経営者会議でした。

 

 

■当コラムは、毎週メルマガでお届けしています。ご登録はこちらへ。

Facebookページで「いいね」すると、さらに色々な情報がご覧になれます。

 

いつもの振る舞いが増幅されるトッププレゼン

企業発表会や会見で、トップが会社のスタッフや記者に対してリスペクトが不足しているのではと感じるふるまいを見かけることがあります。

「会社でもいつもこうなのでは?」と感じてしまう瞬間です。

誰でも人前のプレゼンでは緊張し、話すことに精一杯だったり、忙しくて疲れていることも多いもの。余裕がなくなり、つい相手に対するリスペクトにまで気が回らなかったりするものですよね。

そんな中、最近、素晴らしいリスペクトを感じたトッププレゼンがありました。
2017年9月19日、銀座マロニエ通り店で行われた、スターバックスコーヒージャパン社長、水口貴文さんのプレゼンです。

最も印象に残ったシーンがありました。

それは、水口さんご自身のプレゼン直後、次のプレゼンを緊張して待つデジタル戦略本部本部長の濱野努さんを気遣い、入れ替わる際に肩をポンと叩いて送り出すシーンでした。さらに濱野さんとの質疑応答では、自分が話し終わってもマイクをすぐ手渡せるよう、濱野さん側に準備して待っている姿も印象に残りました。この日、水口さんは常にニコニコと笑顔を絶やさず、ちょっとした動作も丁寧で、周りに対する配慮から優しい人柄が伝わってきました。

「人前に出たからやっている」というようなわざとらしさがなく、すべて自然なのです。

この会見を見て、思い出したことがあります。

私は、クラシックの演奏家出身です。音楽会の舞台に立つときに厳しく教えられたことがあります。

「舞台は怖い。ちょっとした動作が目立ってしまう。普段の姿が増幅されて見えてしまう。だから、足の先、指の先まで心を行き渡らせなさい」

いくら直前に「プレゼンの立ち居振る舞いのトレーニング」など行ったとしても、それは付け焼き刃でしかありません。舞台に立てば、聴き手には内面がすぐに伝わってしまいます。

これはトップに留まりません。外から見ればトップだけではなく、社員一人一人がその会社を代表しています。
どんな立場でも、プレゼンの舞台では、会社の代表なのです。
その自覚を持ち、想いを発信していただければ、とプレゼンを見る度に願っています。

今回、水口さんのプレゼンについては「広報会議 12月号」の『プレゼン力診断』に詳しく書きました。
もしご興味ある方はご覧ください。

 

 

■当コラムは、毎週メルマガでお届けしています。ご登録はちらへ。

Facebookページで「いいね」すると、さらに色々な情報がご覧になれます。

 

トッププレゼンでは、なぜ最上質スーツを着るだけではダメなのか?

 

「イヤ〜!スーツがヨレヨレ!」

広報関係の勉強会で、あるトップ・プレゼンの記事を紹介すると、写真を見て女性が悲鳴をあげました。

トッププレゼンのファッションで何より大事なのが清潔感です。しかし聴き手から自分がどのように見えているか、気にしない男性トップはとても多いのが実態。

最上質のスーツを着ていても、シワやヨレが目立ってしまっては、清潔感が感じられませんよね。

特に難しいのがパンツです。動いたり、座ったりするので、確かにシワがよりやすいからです。

 

今回は、その対策をお伝えしましょう。

プレゼンを見ていると、大半の方はパンツ丈が長すぎます。
長すぎると、プレゼンで舞台に立ったときにだぶつき、シワが目立ってしまうのです。

「丈を長めにしておけば足が長く見えるのでは?」と質問をいただいたことがありますが、実は逆。だぶついている方が短く見えます。特に小柄な方は、パンツの丈を長くしすぎると余分なたるみが増え、足が短く背も低く見えてしまいます

最近はパンツのラインが細いものが主流ですので、立ったときシワが出ないジャスト丈に調整すると格好よく見えます。
模範例は、ソニーの平井一夫さん。いつもおしゃれで完璧。ビジネス界のベスドレッサーです。

もう一つ気をつけたいのは靴です。長めの丈に甲高の靴をはくと、裾が上がりすぎて裾がだぶつきます。立ってプレゼンすることが多い方は、「立ったときにどう見えるか」を考えながら、靴もを選びたいものです

また、ライトグレーなど薄い色は、照明が当たったときにシワが目立ちやすくなります。ダークな色調のほうが多少のシワは目立たちません。もしプレゼン前に余裕があれば、控え室でアイロンをかけて出ると安心です。

もう一人トッププレゼンのベストドレッサーは、政治家の麻生太郎さんです。ゆったりサイズのスーツを着ていても、立ち姿のときはパンツにブレイクがありながらも無駄なたるみもなく、美しく着こなしています。実は麻生さんは、パンツの裾には重り(5円玉)を入れ込んで、その重みで裾を美しく落としこむように工夫しているそうですよ。

 

 

■当コラムは、毎週メルマガでお届けしています。ご登録はこちらへ。

Facebookページで「いいね」すると、さらに色々な情報がご覧になれます。

 

説得力ある党首は、休符が違う

 

**** 本記事は、私個人の支持政党とは関係はありません****

先日の第48回衆議院選挙。
各党党首の演説で、話術にも注目していました。

まず安倍さん。
小池百合子さん率いる希望の党の勢いに押される厳しい状況からスタートしました。2014年の前回衆議院選のときの自信満々で気迫のこもった話し方とは一変、顔色も冴えず、言葉に力が感じられません。テレビ出演でも、無意識に手書きのパネルで顔半分を隠しながら話す場面もあり、自信のなさが表れていました。しかし後半戦に世論調査で自民優勢が伝えられるようになると、本来の落ち着きと自信を取り戻し、説得力のある演説をしていました。
しかし自信がついてくると、都合のよくない質問には、ついついヒステリックになり甲高い声になってしまうのは、安倍さんの悪い癖。今後、話術で相手に対するリスペクトの表現も課題ですね。

そして枝野さん。
この方は、自分がリーダーになるとイキイキする「パッション型」です。今回は自ら「立憲民主党」を立ち上げられ、よい面が出てきました。
枝野さんの良い点は、良く通る声です。選挙カーの上から話せば声は通りやすいのに、今回の枝野さんは道ばたに立ち、聴衆と同じ高さからの演説でも声が良く通っていました。よく通る声は、話に説得力を加える強力な武器です。選挙戦終盤で、他候補者が声が枯れてしまった中、枝野さんは身体全体を響かせて発声しているので、 最後まで声のクオリティを落とさずに選挙を乗り切りました。さらに間合いのリズム感も抜群。聴衆と呼吸を合わせながらタメを作り、次の言葉に重みを持たせていました。

枝野さんは、どこでこんな良い発声法やリズム感を身につけられたのでしょうか?
じつは、枝野さんは中学生の頃から合唱をやっていて、日本最難関と言われている「NHK合唱コンクール」に優勝するほどの筋金入り「合唱マン」なのです。道理で身体で身についた発声法をしているわけですね。

もう一人あげたいのは、共産党党首の志位さんです。
志位さんの良い点は、声が低く、声質に温かみがあること。実際の街頭演説を聴いたときは、低い声で、声を出していない間合いそのものに深い意味を持たせていて、思わず頷きながら聞き入ってしまいました。
多くの他の党首は、言葉の合間に「あー」とか「えー」とか「えーと」とか「そのう」といった余分な言葉が入りますが、志位さんは皆無。すっきりと聞きやすいのです。また、激しいことを言っていても、なぜか憎めない感じのするビジュアルも大変得をしていると思います。だてに長期間、党首をやってこられたわけではありませんね。
志位さんも実は、特技はピアノで奥様と連弾をするほどの腕前。本気で作曲家を目指していた時期もあったそうです。声質も良いバリトン歌手です。

人の心を引き付けるリーダーのプレゼンとは、「良い声」と「間合い」です。
「間合い」とは、音符で言うと「休符」です。
枝野さんも志位さんも、演奏から「休符」を学んだのではないでしょうか?

「でも私は音楽をやってないから無理…」と思われる方でも大丈夫です。
とにかく最初は慌てずゆっくりと話すことです。

そして役立つのが、当ブログではお約束の「悪代官スペシャル」です。本番前に「(息を吸う)フッフッフッフッ…(間合い)越後屋〜(間合い)おぬしも(小さい間合い)ワルよのう〜」とやってみてくださ い。腹が据わって、深い間合いがとれるようになりますよ。

 

 

 

■当コラムは、毎週メルマガでお届けしています。ご登録はこちらへ。

Facebookページで「いいね」すると、さらに色々な情報がご覧になれます。

 

神戸製鋼問題で考える、情報が揃うのを待つか?すぐ記者会見するか?

 

神戸製鋼のデータ改ざん問題。いま日本中を揺るがしています。

もしあなたがトップの立場で、いまこの場で、データ改ざんの事実を知らされたとしたら、次のどちらを選ぶでしょうか?

【選択肢1】ほとんどわからない状態だけど、まずは手持ちの情報ですぐに記者会見を開く
【選択肢2】何もわからない状態で記者会見するのは不誠実だと思う。できるだけ情報を揃えた上で、記者会見を開く

神戸製鋼が選んだのは、選択肢2でした。

10月08日 データ改ざんが発表
10月13日 川崎博也会長兼社長が正式な会見の場に現れる

5日間が経過していました。この間に経済産業省の「ゆゆしき事態だ。神戸製鋼にはしっかり対応して欲しい」という会見もありました。さらに川崎会長が経済産業省に謝罪会見した後、翌日に正式に記者会見。また「鉄は問題ない」と言った翌日に、「鉄にも問題の可能性がある」と、言っていることが変わってしまうのもよくありません。

不祥事が起こった際に、何よりも優先すべきことはスピードです。選択肢1で行くべきなのです。

しかし何もわからない状態で記者会見するには、どうすればいいのでしょうか?

私が今まで見てきた中で特に印象に残っているのは、2007年12月14日に長崎県佐世保市のスポーツクラブ「ルネサンス佐世保」で発生した銃乱射事件のトップ会見です。

当時、午後10時にテレビをつけたところ、ルネサンスの斎藤社長が記者会見している映像が流れていました。

事件発生が、14日午後7時15分。
斎藤社長の記者会見開始が、同日午後9時30分。
事件発生から記者会見まで、わずか2時間15分での会見でした。

斎藤社長は、2時間15分で、想定できなかった事件を知らされ、そのとき分かっている事実を把握した上で、記者会見をマスコミ各社に通知し、ご自身の言葉で記者会見に臨まれたのです。

当時、ネットでも「この社長すごい」という書き込みが多く見られました。

斎藤社長はこの後責任をとって辞任されました。トップのリーダーシップのあるべき姿を見た思いがしました。

 

しかし多くの企業では、不祥事が起こると次のように考えています。

「何もわからない状態で会見をしても責められるだけだ。トップの面子もある。データが揃ってから、会見をセットしよう」

しかし最優先事項は「時間」です。

すべてのデータを揃えてから会見をセットしようとすると、広報担当者がどんなに不眠不休で頑張っても、数日後あるいは1週間後になります。

不祥事が起こった際に、何よりも不安なのはお客様です。その不安なお客様に応えるためには、何よりもスピードが大切です。遅くなればなるほど、不安は急拡大します。しかし時間をかけても得られる情報は実はそれほど多くありません。

一方でタイミングを失えば失うほど、市場の信頼が落ちてしまうのです。

では、どうするか?
トップが限られた情報の中で判断し、公開できることは隠さずに話し、不安な顧客に応えることです。そして、「現時点で入手可能な情報で、憶測は排除し、語るべきことは何か」を考え抜いた強いメッセージが必要です。

ルネサンスの斎藤社長は、言葉には出しませんが、覚悟ある態度から、

『私は逃げも隠れもしません。任命責任も含め、すべて自分の責任です』

という覚悟が強く伝わってきました。見事です。

トップの謝罪会見は、「事実」よりも、「誠実」かどうかの姿勢が求められます。そして最後に「トップとしてお客さんにどうしたいか」をポジティブに伝える場でもあるのです。そのために「トッププレゼン力」が必要なのです。

一方で川崎会長の会見を見ると、技術面で今すぐ出来る「トッププレゼン力」の改善点が4点あります。

(1)低く落ち着いた声でゆっくり話すこと

声が弱く、頼りなく感じられてしまいます。呼吸を整えて、ゆっくりと低い声で話すことです。会見直前に「悪代官スペシャル」を行うと、トップとしての覚悟と胆力が伝わります。

(2)水を飲んでおく

会見中、頻繁に舌を出して唇をなめていました。唇をなめると、落ち着きのない印象になります。原因は緊張して口が渇いているからです。会見直前にしっかりと水を飲んでおくことでほとんど解決します。

(3)髪を整える

髪の毛が乱れていました。余裕がないように見られます。お忙しかったのかもしれません。特に、前髪がたれて目線にかぶっていました。アイコンタクトは大事なコミュニケーションの武器になります。会見前、2分でも時間をとって、目にかぶらないよう前髪は後方にセットすると印象が良くなります。

(4)まばたき

まばたきが多く、後ろめたい印象を与えています。人は、緊張しているときや、おびえているとき、目が乾燥しているとき、まばたきの回数が増えるのです。逆に、深く集中しているときほどまばたきの回数は少なくなります。直前に、目が乾かないよう潤いを与えるような目薬をさしておくと、まばたきが軽減されるかと思います。

 

 

■当コラムは、毎週メルマガでお届けしています。ご登録はこちらへ。

Facebookページで「いいね」すると、さらに色々な情報がご覧になれます。