著書

経営リーダーのメッセージ力の重要性がますます高まっています。 リーダーのスピーチ力が上がれば、社外のファンが増えます。さらに社員も、リーダーが社内・社外に向けて語るプレゼンを注視しています。つまりリーダーがビジョンを熱く語れば、取引先だけに留まらず社員にも届き、組織のチーム力を上げ、業績に直結していきます。 スピーチ力を持ったリーダーが増えれば、日本もますますよくなるはずです。

話の苦手なリーダーは、まずは朝礼や宴会の挨拶からでも良いと思います。聴衆の目を見て低い声でゆっくり話してみてください。ゆっくりと、しかし徐々に、職場の雰囲気が変わってくるはずです。

タイトル:
リーダーは低い声で話せ
出版社:KADOKAWA 中経出版
著者名:永井千佳
内容:スピーチを有利に進めたり、部下を納得させるために大事なのは、話の内容ではなく、声! 1日5分、声のスイッチである「横隔膜」を鍛えるだけで、魅力的な声が手に入る! 声が変われば、すべてが変わる。
出版年月:2013年11月
価格:1,500円 (税別)